知らないと怖い関節リウマチ

意外と身近な関節リウマチ

日本には100万人近い関節リウマチの患者がいますが、関節リウマチという病気の中身を知っている人はあまり多くないでしょう。リウマチという名前をきいてお年寄りの神経痛を思い浮かべる人もいるでしょう。ですが、実際は20代から50代の若い世代にも発症しやすく、その中でも特に女性がかかりやすい病気です。また、関節リウマチは、かかると関節が腫れて動かしづらくなり、悪化すると関節が変形してしまうなど、放っておけば日常生活すら自由に送れなくなるような危険な病気なのです。ですから、そんな身近な関節リウマチがどのよう病気なのかを知って、できるだけ早期発見できるようにしましょう。

関節リウマチは明確な発病原因がわからない病気で、発病すると自己免疫機能に異常をきたすことによって、関節が炎症を起こします。症状が多岐にわたるため、発病しても普通の医師では診断が難しく、関節リウマチを判別するには専門家による多くの精密検査と診断を必要とします。また、発病してから時間が経つほど悪化していく病気ですから、早期の発見と治療が大事になります。関節リウマチに罹ると、初めに手足などの小さな関節が腫れ、次第に大きな関節も腫れていくので体を動かすのが困難になっていきます。その治療には主に薬物療法、手術療法、リハビリテーション療法、基礎療法の4つの療法を用いていきます。そのうち薬物療法は薬によって病気に直接働きかけていく治療の中心であり、リハビリテーション療法は患者さんが病気と闘っていく体を維持するのに重要な役割を担っています。

TOP